株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 建築基準法に定められている接面道路とは?種類や規定について知っておこう!

建築基準法に定められている接面道路とは?種類や規定について知っておこう!

≪ 前へ|マイホームの設備のひとつである追い焚き機能!しくみやメリットとは?   記事一覧   不動産購入時に知っておきたい日影規制のこと!内容や注意点は? |次へ ≫

建築基準法に定められている接面道路とは?種類や規定について知っておこう!

カテゴリ:注文建築について

建築基準法に定められている接面道路とは?種類や規定について知っておこう!

マイホームなどの建物を建てる際には、建築基準法に定められたさまざまな決まりを守らなければなりません。
ここでは、建築基準法で定められた「接面道路」というものについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

建築基準法が定める接面道路の種類とは?

日本の道路は、建築基準法によって次のいくつかの種類の道路に分かれています。

第1号道路
国道や都道府県道、市区町村道など、道路法によって定められた公道のことです。

第2号道路
都市計画法、土地区画整理法、旧住宅地造成事業によって作られた道路のことです。

第3号道路
建築基準法が施行された日以前から存在していた道のことで、公道と私道の両方が当てはまります。

第4号道路
都市計画法などにより、これから2年以内に作られたり変更する予定のある道路のことです。

第5号道路
私人が作った私道で、特定行政庁から位置を決められている道路です。
これらの道路は、基本的に幅員が4メートル以上、特定行政庁が決めた区域内では幅員が6メートル以上となっています。

接面道路には建築基準法で定められた規定がある!その内容とは?

接面道路には、マイホームを建てるときにも決して無関係とは言えない「接道義務」という規定があります。
接道義務とは建物を建てる敷地が、幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければいけないという規定です。
災害時や緊急時に消防車や救急車がスムーズに通れる道幅として2メートルと決められているのです。
安全な生活を送っていくうえで、この接道義務は大切な規定です。
もしも接道が4メートル未満の幅員の場合は、セットバックをする必要があります。
セットバックとは、道路と敷地の境界線を、道路の中心となる位置から2メートル後ろまで下げることを言います。
セットバックすることで4メートルの幅員を確保できるようになりますが、その分家を建てることができる敷地が狭くなってしまうため、不動産を購入するときに「セットバック付き物件」と表示されている場合には注意が必要です。
また、決められた道路に2メートル以上接していない敷地には建物を建てることができませんので、よく確認するようにしましょう。

まとめ

接面道路には5つの種類のものがあり、必要な幅員についても細かく決められています。
接面道路には国で決められた「接道義務」という規定があります。
接道義務とは、幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接している敷地でないと、家を建ててはいけないというものです。
不動産を購入する場合には、接道義務や道の広さについてあらかじめ確認しておくことが大切です。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホームの設備のひとつである追い焚き機能!しくみやメリットとは?   記事一覧   不動産購入時に知っておきたい日影規制のこと!内容や注意点は? |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

株式会社 ゆいホーム 最新記事



株式会社 ゆいホーム

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


宇治市木幡平尾 中古戸建

宇治市木幡平尾 中古戸建の画像

価格
3,480万円
種別
中古一戸建
住所
京都府宇治市木幡平尾
交通
石田駅
徒歩9分

宇治市伊勢田町南山 土地

宇治市伊勢田町南山 土地の画像

価格
2,200万円
種別
売地
住所
京都府宇治市伊勢田町南山
交通
伊勢田駅
徒歩2分

宇治市小倉町西浦 中古戸建

宇治市小倉町西浦 中古戸建の画像

価格
2,799万円
種別
中古一戸建
住所
京都府宇治市小倉町西浦
交通
小倉駅
徒歩7分

宇治市木幡平尾 新築戸建

宇治市木幡平尾 新築戸建の画像

価格
2,980万円
種別
新築一戸建
住所
京都府宇治市木幡平尾
交通
六地蔵駅
徒歩23分

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑