株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の残置物とは?起こりえるトラブルなども解説

不動産売却時の残置物とは?起こりえるトラブルなども解説

≪ 前へ|不動産を一括購入するメリットや注意点を解説   記事一覧   不動産を相続する際の手続きの流れはどのようにするの?|次へ ≫

不動産売却時の残置物とは?起こりえるトラブルなども解説

カテゴリ:不動産売却について

不動産売却時の残置物とは?起こりえるトラブルなども解説

不動産の売却はできるだけスムーズにおこないたいものですが、残念ながらトラブルが起きてしまうことも少なくありません。
トラブルにつながりやすいポイントは事前に確認しておくことが大切です。
今回は、残置物についてや、残置物によっておこるトラブルなどを解説するので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における残置物とは?

残置物とは、売主が物件にそのまま置いていった私物のことです。
不動産の売買では、物件本体および建物と一体化している一部の設備が主に取引の対象とされます。
取引対象にふくまれない売主の私物は自身の新居へと運ぶか、不要なら処分しないといけないのです。
どちらもせずにそのまま残されているものは残置物と呼ばれ、トラブルにつながることも少なくありません。
一般住宅を売る際によくある残置物は不要な生活用品であり、たとえばタンスや机などの家具類、冷蔵庫や洗濯機などの家電類、衣服や布団などの日用品があります。

不動産売却時に残置物によって起こるトラブル

売却した不動産に置いていく私物について、売主はすべてを放棄したつもりでも、きちんと取り決めがなされていない場合は、買主が勝手に処分すると問題になることがあります。
そのため、不動産に残っている私物を買主が処分できないのが、残置物によるトラブルのひとつです。
競売により持ち主が変わった不動産でも残置物の処分方法にも規定があり、新たな所有者が残されているものを自由に撤去できずに苦労することが少なくありません。
また、エアコンも取り外し可能で建物の一部とはいえないため、残すのかどうかは買主と話し合って決めるのが一般的です。
とくに話し合いをせずに残していくと、苦情となる恐れがあります。

不動産売却時に残置物を残して売却する方法

残置物がある場合は買取をしてもらうことで残置物があっても物件を売却することができます。
そのため、不要品が大量にあったり、大型の家具家電など撤去が困難なものがあったりするときは、買取がおすすめです。
ただし、不用品の処分費用は買取価格から差し引かれてしまいます。
自分で片付けられるものはできるだけ処分し、個人での撤去が難しいものだけにしてから買取を申し込むと良いでしょう。

まとめ

不動産売却における残置物は物件に残されている売主の私物であり、買主が処分してしまうと、トラブルの原因になることも少なくありません。
不要な私物を残したまま物件を売りたいときは、買取を活用するのも良いでしょう。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を一括購入するメリットや注意点を解説   記事一覧   不動産を相続する際の手続きの流れはどのようにするの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

株式会社 ゆいホーム 最新記事



株式会社 ゆいホーム

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


パデシオン宇治木幡

パデシオン宇治木幡の画像

価格
2,180万円
種別
中古マンション
住所
京都府宇治市木幡西浦
交通
木幡駅
徒歩7分

宇治市木幡平尾 新築戸建

宇治市木幡平尾 新築戸建の画像

価格
2,980万円
種別
新築一戸建
住所
京都府宇治市木幡平尾
交通
六地蔵駅
徒歩23分

ファミール伏見B棟

ファミール伏見B棟の画像

価格
2,390万円
種別
中古マンション
住所
京都府京都市伏見区深草出羽屋敷町
交通
伏見駅
徒歩4分

伏見区日野岡西町 土地

伏見区日野岡西町 土地の画像

価格
1,680万円
種別
売地
住所
京都府京都市伏見区日野岡西町
交通
石田駅
徒歩18分

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑