株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > マンションでリフォームする際のポイントは?工事できる範囲や注意点も解説

マンションでリフォームする際のポイントは?工事できる範囲や注意点も解説

≪ 前へ|法人の不動産売却にかかる税金とは?計算方法や節税対策をご紹介!   記事一覧   空き家で火災が発生する原因とは?対策や所有者に課せられる責任を解説!|次へ ≫

マンションでリフォームする際のポイントは?工事できる範囲や注意点も解説

カテゴリ:お客様のお悩み解決特集

マンションでリフォームする際のポイントは?工事できる範囲や注意点も解説

マンション購入後に自宅のリフォームを検討している方も多いでしょう。
しかし、マンションではリフォームが認められていない箇所もあります。
規約を破ってしまうと、近隣住民や管理組合とのトラブルに繋がりかねません。
今回は、マンションでリフォーム可能な範囲や注意点、事前準備のポイントなどをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションのリフォームできる範囲

マンションは専有部分と共用部分に分かれており、リフォームができるのは専有部分のみです。
天井・壁などの内装や設備は、所有者の意志で自由にリフォームできるものの、玄関ドアに関しては注意が必要です。
玄関ドアの内側は専有部分となっているためリフォーム可能ですが、外側は共用部分となっているため勝手に工事できません。
また、よく専有部分と間違えられる窓サッシやバルコニー、パイプシャフトも共用部分です。
原則としてリフォームが許可されていないため、工事を検討する際は注意しましょう。

マンションのリフォーム前にしておく準備

マンションのリフォームを検討している場合は、まず管理組合から許可をもらいましょう。
無事に許可が下りたら、近隣住宅へ挨拶に行くことをおすすめします。
トラブルを未然に防ぐためにも、自宅の下階と上階、左右の住宅へ挨拶に行くのがポイントです。
一般的には施工会社の担当者が訪問する形を取りますが、施主のみが行く場合もあれば、同行する場合もあります。
工事の大まかな内容や期間、騒音に対するお詫びなどが書かれた手紙と粗品を準備して訪問しましょう。
また、工事がスムーズに進むように、リフォームする箇所の片付けは事前に済ませておくのもポイントです。
大きな家具は処分するのに時間が掛かるため、余裕を持って準備することをおすすめします。

マンションのリフォームで知っておきたい注意点

近年、マンションの管理規約が厳しくなっており、リフォームができる範囲も狭まっています。
とくにマンションの遮音等級基準はLLー45もしくはLLー40で、それに対応するフローリング材の使用が義務付けられる場合も多いです。
また、リフォームでタンクレストイレを導入予定の方は、それらの欠点も知っておくことが大切です。
タンクレストイレはスッキリとした見た目がポイントで、お手入れしやすいメリットがあります。
ただ、マンションの水圧が低いと流せない場合もあります。
とくに上階にお住まいの方は、一度水圧検査をしておくのが良いでしょう。

まとめ

マンションのリフォームを検討しているなら、管理規約で工事できる範囲を把握することが大切です。
スムーズにリフォームをするためにも、事前準備をしっかりとおこない、直前になって慌てることがないようにしましょう。
注意点やポイントを頭に入れておけば、トラブルも未然に回避できます。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|法人の不動産売却にかかる税金とは?計算方法や節税対策をご紹介!   記事一覧   空き家で火災が発生する原因とは?対策や所有者に課せられる責任を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑