株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介

中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介

≪ 前へ|土地の査定方法は?査定額に影響を与えるポイントも合わせてご紹介   記事一覧   鉄筋コンクリート造の特徴とは?建物構造上のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介

カテゴリ:お客様のお悩み解決特集

中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介

これから不動産投資をしようかと検討している方は、中古のワンルームマンションを狙ってみてはいかがでしょうか。
いろいろな投資方法がありますが、メリットとリスクを考慮した上で決めていけば必要以上に恐れる必要はありません。
今回は、中古のワンルームマンションへの投資のポイントをご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古のワンルームマンションで不動産投資をするメリット

中古のワンルームマンションに投資をするメリットは、大きく分けて2つあります。
1つ目のメリットは、中古のワンルームマンションの需要は高いため、収入がゼロになるリスクが少ないことです。
景気がものすごく良いわけでもない今のご時世、中古のマンションには注目が集まっています。
ですから、誰も入居せず収入が得られないリスクが減ります。
もう1つのメリットは、初期投資が少なくて済む点です。
一戸建てや面積の大きなマンションの場合は大きなお金が必要ですが、ワンルームマンションは初期費用をおさえられます。

中古のワンルームマンションで不動産投資をするリスク

一方で、中古のワンルームマンションは資産価値が落ちるリスクがあるので注意が必要です。
もともと中古なので、さらに古くなると大掛かりなリフォームなどをしないと人気が落ちてしまうこともあります。
ということは、新しいマンションに比べて修繕費などが必要になる可能性も高いでしょう。
間取りや設備が古いままだと入居者がつかないこともあるため、あまり古すぎる建物の場合は投資して良いものか考える必要があります。
リスクが高い物件は失敗につながる可能性があるため、初心者ならばとくに安全な物件を取るようにしましょう。

中古のワンルームマンションで不動産投資をするポイント

中古のワンルームマンションに投資をするなら、立地条件は調べておくべきです。
古いマンションであっても、近くに駅があったり、スーパーがあったりすると需要は伸びます。
会社に通いやすい、家族で暮らしやすい物件であれば入居者がつきやすくなるでしょう。
さらに、設備が新しくなっていれば入居者にとってのメリットは大きいため、マンションの設備にも着目してみてください。

まとめ

不動産投資をするなら中古のワンルームマンションを狙ってみても良いでしょう。
需要が高いところもたくさんあり、費用を抑えて複数の投資をすることも可能です。
立地条件が良く、設備が新しくなっているワンルームマンションは狙い目なので、ポイントを見極めてから投資してみてください。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地の査定方法は?査定額に影響を与えるポイントも合わせてご紹介   記事一覧   鉄筋コンクリート造の特徴とは?建物構造上のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

株式会社 ゆいホーム 最新記事



株式会社 ゆいホーム

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑