株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 狭小住宅は需要がある!その理由と快適な家づくりのコツをご紹介!

狭小住宅は需要がある!その理由と快適な家づくりのコツをご紹介!

≪ 前へ|認知症になった親の不動産は売却できる?その方法と注意点   記事一覧   不動産売却時におこなわれる按分とは?土地と建物それぞれの価格を知っておく必要性|次へ ≫

狭小住宅は需要がある!その理由と快適な家づくりのコツをご紹介!

カテゴリ:我が家にぴったりな住まい選び

狭小住宅は需要がある!その理由と快適な家づくりのコツをご紹介!

狭い土地に建てられた住宅「狭小住宅」を目にすることがありますよね。
狭小住宅を建てようと考えている方のなかには、「恥ずかしい」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、狭小住宅は最近人気があり需要がありますよ!
そこで今回は、狭小住宅の家づくりのコツやメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭小住宅は需要がある!恥ずかしいと思う人の原因は自分自身!

狭小住宅とは、狭くて小さい土地に建てられた住宅のことで、土地の形状も間口が狭く奥に細長いケースが多く、一般的な住宅に挟まれている場合、狭くて窮屈な家に見えるでしょう。
このような土地に住宅を建てることに対して、もし「恥ずかしい」と思ってしまうとしたら、その原因は自分自身かもしれません。
「人から狭い家だと思われるのでは」と不安に思ったり、「子どもが悲しい思いをするのでは」などと心配したり。
しかし自分や家族が快適に過ごせる空間であれば、それはすてきなマイホームです。
不安な気持ちを拭い去るために、狭小地を有効に使った家づくりを考えましょう。

狭小住宅は需要がある!後悔しない家づくりの方法とは?

狭小地で後悔しない家づくりの方法としては、狭さを感じさせない間取りや、光が差し込む工夫が大切です。
部屋を確保するために、3階建ての住宅を設計するとよいでしょう。
また仕切りをなるべくなくし、空間を利用したスキップフロアを採用することをおすすめします。
圧迫感をなくすために天井を高くしたり、光をたくさん取り込むために大きな窓を設置したり、狭い土地でも快適な家にするために、工夫をしながら楽しんでレイアウトしてみましょう。
少しの段差やデッドスペースも無駄にしないために、収納スペースとして有効に活用するとよいですよ。

狭小住宅は需要がある!固定資産税の安さも魅力!

狭小住宅に需要がある理由のひとつに、固定資産税の安さが挙げられます。
先程もご紹介しましたが、狭小住宅は、空間を上手に利用するために、スキップフロアを採用するケースが多いようです。
このスキップフロアは、実は床面積として計上されないため、固定資産税の課税対象ではないのです。
空間を有効に利用しつつ、固定資産税の節税になるわけですね。
また狭小地は土地の価格が安いため、都心部の近くなどの相場が高い人気のある立地で、マイホームを手に入れられるというメリットもありますよ!

まとめ

今回は、狭小住宅を購入する際に感じる不安に対する対処法と、後悔しない家づくりの方法やメリットについてご紹介しました。
需要がある住宅ですから、家族が快適に暮らすための間取りを楽しみながら考え、すてきなマイホームを手に入れましょう。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|認知症になった親の不動産は売却できる?その方法と注意点   記事一覧   不動産売却時におこなわれる按分とは?土地と建物それぞれの価格を知っておく必要性|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

株式会社 ゆいホーム 最新記事



株式会社 ゆいホーム

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑