株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資の始め方をご紹介!初心者でも成功するためのコツとは?

不動産投資の始め方をご紹介!初心者でも成功するためのコツとは?

≪ 前へ|スケルトン・インフィル構造とは?購入前にメリット・デメリットを知ろう!   記事一覧   家の売却時に地盤改良が必要な場合の費用負担と注意点を解説|次へ ≫

不動産投資の始め方をご紹介!初心者でも成功するためのコツとは?

カテゴリ:購入前に知っててよかった編

不動産投資の始め方をご紹介!初心者でも成功するためのコツとは?

不動産投資は初心者でも比較的簡単に始められることで近年人気を集めています。
とはいえ、安定した収入源を作れるようになるまでは、不安が大きい方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、初心者による不動産投資の始め方で注意すべき元手のことや、投資に成功するコツなどをくわしくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

初心者による不動産投資の始め方①元手について

元手というのは、不動産投資を始めるにあたって用意する自己資金のことです。
元手をいくら用意すれば良いのか、少額の元手しか用意できない場合は投資を始められないのかなど、初心者なら不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
確かに元手が多いほうが安心感はありますが、預貯金をすべて費やしてしまうのはおすすめできません。
一般的に、不動産投資を始める際の元手は物件価格の2~3割が妥当といわれています。
つまり、1,000万円の物件に投資する場合の元手は、200万~300万円が目安ということになるのです。
もちろん必要なのはこれだけでなく、諸々諸費用がかかるので少し多めに用意する必要があります。
ただし、自己資金が用意できないからといって不動産投資を諦める必要はありません。
融資を受ける方の属性が高い場合や、購入物件の担保価値が高い場合などはフルローンを組むことも可能なので、元手ゼロでも不動産投資を始められるのです。

初心者による不動産投資の始め方②成功のコツ

初心者が不動産投資を始めるにあたって、成功するためのコツは情報収集です。
不動産に関する知識を集めようとせず、営業マンがすすめるままに物件を購入するのはおすすめできません。
自分で情報収集をするのが難しい場合は、不動産投資家のセミナーなどに参加して投資の始め方について勉強を重ねることも大切です。
また、そういった場に参加することで不動産投資に成功しているメンターを見つけ、アドバイスをもらえる関係性を作り出すのも良いでしょう。
実際に成功している方から話を聞くことは、どんなに高額な本を読んで勉強するより役に立つはずです。
注意点としては、物件を購入したことに満足してメンテナンスをしなかったり、今後のプランを考えないまま2件め・3件めの投資用物件を購入したりすると失敗の可能性が高くなります。
希望するエリアで良い物件が見つかったら、まずは収支シミュレーションを作成してみると良いでしょう。

まとめ

初心者はまず、必要な元手や成功のコツなど、不動産投資の始め方を事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。
不動産投資に失敗しがちな方の例などもチェックし、どうすれば失敗を回避できるのかを考えてみることも大切です。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|スケルトン・インフィル構造とは?購入前にメリット・デメリットを知ろう!   記事一覧   家の売却時に地盤改良が必要な場合の費用負担と注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

株式会社 ゆいホーム 最新記事



株式会社 ゆいホーム

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


伏見区桃山町丹下 新築戸建

伏見区桃山町丹下 新築戸建の画像

価格
3,480万円
種別
新築一戸建
住所
京都府京都市伏見区桃山町丹下
交通
墨染駅
徒歩7分

伏見区淀樋爪町 中古戸建

伏見区淀樋爪町 中古戸建の画像

価格
1,100万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市伏見区淀樋爪町
交通
淀駅
徒歩25分

ユニ宇治川マンション5号棟

ユニ宇治川マンション5号棟の画像

価格
2,290万円
種別
中古マンション
住所
京都府宇治市木幡熊小路
交通
木幡駅
徒歩5分

ローレルコート宇治木幡

ローレルコート宇治木幡の画像

価格
1,580万円
種別
中古マンション
住所
京都府宇治市木幡西浦
交通
木幡駅
徒歩9分

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑