株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 空き家などの不動産売却を気付かれずにおこなうポイントを解説

空き家などの不動産売却を気付かれずにおこなうポイントを解説

≪ 前へ|永住権なしでも住宅ローンは組めるのか?住宅購入の対策をご紹介   記事一覧   不動産売却の税金は意外と高い?税金の種類と計算方法をチェック!|次へ ≫

空き家などの不動産売却を気付かれずにおこなうポイントを解説

カテゴリ:不動産売却について

空き家などの不動産売却を気付かれずにおこなうポイントを解説

空き家などの不動産の売却を、できれば周りに気付かれずにおこないたい、と考える方は少なくありません。
周りにできるだけ気付かれずに不動産売却をするためにはどんな媒介契約を結べばいいのか、実際の売却活動はどうなるのか、売却までの期間の目安はどのくらいか、それらについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

周りに気付かれずに不動産売却をするための媒介契約選び

不動産売却をする際には、不動産会社が売却相談や査定などをおこなってから不動産会社と媒介契約を結ぶこととなりますが、この媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
一般媒介契約は、複数の不動産会社と媒介契約を結べるのがメリットですが、売却活動にあまり力を入れてもらえないリスクもあります。
専任媒介契約や専属専任媒介契約は1社としか媒介契約を結べないという縛りがありますが、その分、専任となった不動産会社は売却活動に力を入れますし、販売状況の報告も定期的におこないますので、一般媒介契約よりも専任媒介契約や専属専任媒介契約のほうがおすすめです。

気付かれずに不動産売却をする場合は売却活動内容に制限がかかる

一般的な不動産売却活動と言えば、不動産情報ネットワーク「レインズ」への物件登録、不動産会社のサイトや住宅情報誌などでの物件情報掲載、物件チラシのポスティングや折り込み、物件内覧の案内などが挙げられます。
しかし、周りになるべく気付かれずに不動産売却をしたい、という場合は、オープン&大々的な売却活動はできないため、かなりの制限がかかります。
ではどんな売却活動になるのかと言うと「不動産会社サイトで会員登録した方だけが物件情報を見ることができるシークレット物件扱いにする」「物件チラシのポスティングエリアからご近所は外す、など配布エリアを工夫する」「不動産会社独自の顧客データをもとに、不動産会社がニーズのありそうな顧客を見きわめて物件を紹介する」といった感じになるでしょう。

周りに気付かれずに不動産売却をするための期間

物件情報をオープンにして大々的に物件を売り出す一般的な不動産売却でも、一連の流れが完了するまでには6か月ぐらいの期間がかかると言われています。
「周りに気付かれないように売却する」となると売却活動に制限がかかる分、一般的な不動産売却の目安期間よりもさらに数か月長くかかる可能性がある、と考えておいたほうが良いでしょう。
「気付かれずに売却したいが、長くかかりすぎるのも困る」という場合は、不動産業者に直接買取してもらうことも検討してみると良いでしょう。
ただし、仲介での売却よりも安い価格での買取になることは理解しておきましょう。

まとめ

今回は、周りになるべく気付かれずに不動産売却をしたいと考えている方のために、おすすめの媒介契約をご紹介したうえで、売却活動の内容や売却までの期間の目安などもご説明しました。
オープンな不動産売却よりも多少不利になることは否めませんので「本当に周りに売却がバレることを許容できないのかどうか」を今一度考えてみることをおすすめします。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|永住権なしでも住宅ローンは組めるのか?住宅購入の対策をご紹介   記事一覧   不動産売却の税金は意外と高い?税金の種類と計算方法をチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑