株式会社ゆいホーム > 株式会社 ゆいホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資で利益を出す仕組みについて解説!

不動産投資で利益を出す仕組みについて解説!

≪ 前へ|空き家で火災が発生する原因とは?対策や所有者に課せられる責任を解説!   記事一覧   水路に接する土地はデメリットが多い?売却方法や注意点をご紹介!|次へ ≫

不動産投資で利益を出す仕組みについて解説!

カテゴリ:知っててよかった!お得情報

不動産投資で利益を出す仕組みについて解説!

不動産投資に興味があっても、本当に利益が得られるのか心配で、なかなか最初の一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。
そのような方は、どのようにして利益が出るのか、その仕組みを理解することから始めましょう。
今回は、不動産投資を検討している方に向けて、インカムゲインならびにキャピタルゲインとはなにか、利益の仕組みについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資で利益が出る仕組み①インカムゲイン

インカムゲインとは、不動産を所有することで得られる利益のことです。
インカムという言葉には「定期的な収入」という意味があり、不動産の場合は家賃収入のことを指しています。
不動産を購入し、それをまた誰かに貸して家賃を得る、そして購入時のローンの返済に家賃を充てるという仕組みです。
毎月得られる家賃の額は大したことないかもしれませんが、コツコツ安定した収入が得られることが特徴です。

不動産投資で利益が出る仕組み②キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、不動産を適正価格もしくは割安でいったん購入しておき、そのあとで値上がりしたら売却して、利益を得る仕組みです。
たとえば、これから新しく駅ができる土地や大学を誘致することになっている土地にある物件は、その土地の発展とともに資産価値が向上することが予想されます。
そのような土地にある不動産を購入しておくことで、のちに購入時よりも高い金額で売却するという不動産投資方法です。
また、売主側に特別な事情があるために、格安で売りに出されたような物件も、購入価格より高く売却できるでしょう。

インカムゲインとキャピタルゲインのそれぞれのメリットは?

インカムゲインには、安定した収入を長期間にわたって得られるというメリットがあります。
とくに初めて不動産投資をおこなう方には、収益が安定しやすいためおすすめです。
ただし、入居者が見つからずに空室になってしまったり、思いのほか管理費がかかってしまうというリスクも、考慮しておかなければなりません。
不動産を購入する際は、1つの物件だけでなく複数の不動産を購入して、リスクを軽減しましょう。
そして、キャピタルゲインには、短い期間で大きな利益が見込めるというメリットがあります。
不動産の立地条件や所在地の将来性などをじっくり吟味したうえで購入すれば、将来の大幅な値上がりが期待できるでしょう。
しかし、購入した時点では値上がりが期待できても、自然災害の被災地になってしまったり社会情勢の変化だったりで、売却しづらくなるというリスクもはらんでいます。

まとめ

不動産投資で利益を上がる仕組みには、家賃収入を狙うインカムゲインと、購入時より高値で売却するキャピタルゲインの2種類があります。
どちらにも、メリットとリスクがあり、不動産投資を成功させるためには、どちらを取るべきかしっかり吟味してから、不動産を購入することをおすすめします。
ゆいホームでは、不動産の専門家として幅広い知識と情報でサポートいたします。
不動産に関してお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家で火災が発生する原因とは?対策や所有者に課せられる責任を解説!   記事一覧   水路に接する土地はデメリットが多い?売却方法や注意点をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

Point ゆいホームの強み

↑